HMB極ボディ 成分

MENU

HMB極ボディの成分はここがすごい!

HMB極ボディの成分

リピート率94.7%を誇り、トップアスリートやトレーナーの間でも話題の筋肉サプリ「HMB極ボディ」ですが、それほどまでに人気の秘密はその成分にあります。

 

どのような成分が配合されているのか、HMB極ボディの成分とその特徴を見ていきたいと思います。

 

HMB極ボディの成分とその特徴は?

業界最大級量のHMBとアストラジン

HMBはアミノ酸の一つ、ロイシンの代謝産物ですが筋肉の合成促進、そして筋肉分解を抑えるという働きがあります。

 

HMBはロイシンから体内で生成されるのですがその量はあまり多くはありません。

 

なのでサプリでHMBを補うことが効率よく筋力アップすることに繋がります。

 

HMB極ボディはHMBの配合量が多いだけでなく栄養素の吸収を向上させるアストラジンも配合されているので吸収力も抜群。

 

業界トップクラスのHMBが体で有効に使われることになります。

9種の必須アミノ酸EAA

体内では生成することができない必須アミノ酸は9種ありますが、これをまとめてEAAと言います。

 

必須アミノ酸のどれかが欠けていると筋肉合成のために必要なタンパク質がうまく生成されないことがあります。

 

筋肉サプリではBCAAというのをよく聞きますが、これは必須アミノ酸のうちのバリン、ロイシン、イソロイシンの3種類のアミノ酸のこと。

 

BCAAでは他の6種の必須アミノ酸が補給できませんが、HMB極ボディには9種全ての必須アミノ酸が摂取できるEAAが配合されているのでさらに効率よく筋肉に働きかけることができます。

クレアチン

クレアチンの働きには筋収縮に必要なエネルギーをスムーズに供給、筋肉疲労の回復、筋肉分解の抑制などがあります。

 

体内で生成されるアミノ酸ですが、サプリで補うことによりエネルギー生成や回復のスピードが早まりトレーニングの効果を上げることが期待できます。

グルタミン

グルタミンは筋肉の分解抑制や傷の修復、消化管機能のサポートなどの働きがあります。

 

グルタミンは体内でも生成される非必須アミノ酸で普段は血液中や筋肉に大量にストックされていますが、運動や疲れ、風邪などの体調不良など体にストレスがかかると大量消費されてしまいます。

 

トレーニングなどでグルタミンが足りなくなると筋肉を分解して補おうとするので、筋肉をつけるためのトレーニングで逆に筋肉を減らしてしまわないためにもグルタミンをしっかり補給しておくとよいとされています。

HMB極ボディで着実なボディーメイクを!

HMB極ボディにはHMB、EAA、クレアチン、グルタミンと筋肉の生成や疲労回復に必要な成分がギュッとバランスよく詰め込まれているので、日々の運動やトレーニングと組み合わせることによって効率良く体作りをすることができるんですね。

 

またHMB極ボディは無添加で放射能検査や残留農薬検査もパスしているので安心して飲めるというのも継続しやすいポイントだと思います。

 

ぜひボディーメイクのルーチンに加えてみて下さいね!

 

HMB極ボディの成分やその効果については公式サイトにも詳しく記載されているのでぜひそちらも参考にして下さい。

 

↓HMB極ボディの公式サイト
https://kiwami-body.jp