HMB極ボディ 副作用

MENU

HMB極ボディを使用するうえで心配な副作用について!

HMB極ボディの副作用

理想の体型になりたいと筋トレや運動を頑張っているのになかなか思うようにならない、効率的にボディーメイクをしたいという人にオススメのサプリが「HMB極ボディ」です。

 

有名アスリートやトレーナーも注目しているサプリなので効果が期待できそうですよね。

 

でも、サプリを飲むにあたって気になるのが副作用などの健康被害はないのかということではないでしょうか。

 

効果があるとなるとなおさら強い副作用があるのではないかと疑ってしまいますね。

 

HMB極ボディは副作用の心配がなく安全に飲めるものなのかを調べました。

 

HMB極ボディに副作用はあるの?

HMB極ボディは健康補助食品に分類され、結論から言うと特に副作用の心配はありません。

 

HMB極ボディの主成分HMBはロイシンというアミノ酸が体内で代謝されることにより生成される物質で筋肉の生成促進や分解抑制に役立ちます。

 

一日の推奨量は3gとされていますが、実験では推奨量の2倍の量を摂取しても特に問題はなかったという結果も発表されています。

 

ですが、多く摂取しても効果が上がるというわけでもないので推奨量を守って摂取するようにして下さい。

 

HMBと併用すると効果的だといわれるクレアチンは腎臓や肝臓に負担がかかると心配する意見もあるようですが、クレアチンに対する多くの研究では副作用があると示すデータはほとんどないのが現状です。

 

安全性を示すデータの方が圧倒的に多いので、健康な人で摂取量を守っていればクレアチンで腎臓への悪影響がでるという心配はないでしょう。

 

腎機能に問題のある方はサプリを服用する前に一度医師に相談した方が良いかもしれませんね。

 

また、HMB極ボディには必須アミノ酸群のEAAや準必須アミノ酸のグルタミンも配合されていますが、これらは人体を構成するのに必要不可欠な成分です。

 

特に副作用はありませんが、摂取量は守るようにして下さいね。

アレルギーのある方は注意!

HMB極ボディの成分には大豆やカキガラなど天然由来の成分も含まれています。

 

アレルギー体質の方は必ず全成分を確かめてから飲むようにしましょう。

HMB極ボディは無添加、厳正な安全基準をクリア

HMB極ボディは余計なものを加えず無添加、人口甘味料や着色料、香料、保存料、防カビ剤、発色剤、膨張剤、光沢剤などは一切使用されていません。

 

残量農薬検査や放射能検査もオールクリア。

 

また、HMB極ボディにはホルモン系やステロイド系の成分も一切使用されていません。

 

ホルモン系やステロイド系の成分はドーピング問題になりやすい成分なのですが、HMB極ボディにはそういった成分が含まれておらずドーピング検査にも影響しないそうです。

HMB極ボディは安全性の高い筋肉サプリ

HMB極ボディでカッコいい体になれたとしても副作用などで健康を害してしまっては元も子もないですよね。

  • 無添加
  • 残留農薬検査、放射能検査オールクリア
  • ステロイド系、ホルモン系成分なし
  • 高品質で安全な成分使用

HMB極ボディは安心して飲むことができるサプリだと言えます。

 

摂取量を守ってぜひHMB極ボディを理想の身体作りに役立てて下さい♪

 

↓HMB極ボディの公式サイト
https://kiwami-body.jp